金髪蒼眼少女

主にポケモンのことについて書くと思います。

ダブルにわかのプリティプリマ最高最終1703

戦績 23勝9敗 全33戦 レート1703

最終451位

f:id:aspicpokemon:20170630185346j:image

前置き

6月23日から26日にかけて「プリティプリマ」が開催されました。

正直メガストーンさえ手に入ればいいと思ったので雑に3戦消化して終わる予定でしたが、ツイッターでShowDownのプリティプリマレートを元にしたパーティー考察記事や、要注意ポケモン一覧記事等を読んで、なんとなくガチでやりたくなったのでシングルの流用個体中心(育成時間なかった…)のパーティーを組みました。

ポケモン採用順

f:id:aspicpokemon:20170626191101p:image

 プリティプリマの環境は素早さが低いポケモンが多く感じられたので、素早さが高い高火力ポケモンでとにかく攻めて勝つことを意識しました。

単体紹介

f:id:aspicpokemon:20170626192111j:image

控えめCSぶっぱ。

 一致技2つ、トリル対策の挑発、欲しい場面が多そうな守る。

攻撃の通りが良かった。雑に強かった。

f:id:aspicpokemon:20170626192307j:image

いじっぱりHAぶっぱ

強い〜

f:id:aspicpokemon:20170626192326j:image

陽気HADS調整(ポケ徹アクzの奴)

カクトウzが全く警戒されず、良くポリゴン2ベトベトンカミツルギドリュウズなどを飛ばした。

身がわりはスカーフ以外の奴には大体上から貼れるのが強かった。

このルールだったらいじっぱりの最速ドリュウズ抜き調整の奴で良かったと思う。けどそこまで頭が回らなかった。

f:id:aspicpokemon:20170626192832j:image

陽気HS

ORASでの育成が間に合わなかった。

サンムーンに転送した地震 毒毒 守る 身がわりの奴しか手元になかったのでそれを流用、鋼枠が欲しかったのでスマートホーンを採用。それで負けた試合は一個もなかったのが唯一の救い。

火力に不安があり、ベトベトンミミッキュにはどうしても打点が欲しかったので達人の帯をもたせた。

f:id:aspicpokemon:20170626193212j:image

いじっぱりHA

最速ミミッキュ抜き調整しようと思ったけど忘れて潜ってしまった。

相手の守るが怖すぎて全く飛び膝蹴りが打てなかった。

膝の枠は変えるとしたら、ポリゴン2に安定して打てるフライングプレスが一番いいと思った(実戦で試せてないのでただの机上論)。

それでも、やはり格闘+飛行の技範囲は素晴らしく、ドリュウズという強い相方もいたので結構出せた。

f:id:aspicpokemon:20170626193520j:image

控えめCSぶっぱ

破壊光線ぶっぱした。

テクスチャーZを警戒した立ち回りをされることが多かった。

重いポケモン

ドリュウズが死んだ瞬間一気に重くなる。

通り良すぎ

破壊光線で飛ばすか、スカーフ前提の行動をしてうまく攻撃をかわすしかない。

ねむりごなを防げるのがカミツルギしかいないので催眠の一貫性がやばい。

「相手ねむりごなとかいう運ゲー技打ってくんなよ!」ってめっちゃ切れてたけど、他の人のパーティーみたら強い人はちゃんとねむりごな対策してパーティーを組んでたので、これは自分のパーティーの欠陥だと考えを改めた。

コータスキレイハナの並びに全9敗中4回負けたので、これが僕のパーティーの最も重大な欠陥だと思った。

反省

  1.  ピッピ+腹太鼓マリルリに「この指とまれ+太鼓アクジェ」されてるだけで負けたり、ヤミカラスに「さきおくり」されてエースを通されて負けたり、キレイハナコータスに何もできずにボコされたりと「強力な横の並び」に振り回されて負けた試合が多く、ダブルバトルについての知識不足を感じさせられた。
  2.  また、プリティプリマのトップメタポケモンを多く採用してる関係で相手のポケモンと同族対面になる場面が多かった。他の人のパーティーはそのリスクを事前に予測しミラーでも対応できる工夫を取っていたが、自分は全くそれを考慮していなかった。
  3. ルチャブルドリュウズの個体が余りに雑すぎた。事前にDay1分の試合は後から消化できることを知っていれば、バトルチームを早々にロックして後悔することもなかった。

 

 後書き

欠陥だらけのパーティーでしたが、なんやかんや楽しく対戦してとりあえずの目標だった1700に乗せることができて満足してます。

また、6世代ではほとんどインターネット大会に参加しませんでしたが、今回の大会でモチベが上がったので次に制限シングル/ダブルの大会が開かれる時があれば、今回の反省生かして頑張ってみようと思いました。

ここまで読んでくださってありがとうございました!